So-net無料ブログ作成
検索選択

ナゾの検索ワード [たわごと◆合田シリーズ関連]

有沢:え~、本日は管理人ブショーにつき、サボタージュだと。
 森 :………。
有沢:………。
 森 :まさか、それで説明終わりですか? 
有沢:ほかに何を言えって? ったく、何が体調不良だ。スランプ気取ってんじゃねーよ!
 森 :有沢さんが腐ってるのは、ここまで当初、合田さん加納さんがやってたんですが、
    捏造した当家ニセ義兄弟といえどもご両人の名を騙るのは恐れ多過ぎる、と管理人の
    筆がまったく進まず、次善の策で、急遽私らにお鉢が回ってきたんで、拗ねてるんですね。
有沢:なぁ~にが! ったく、捏造ニセ七係ったって、真っ赤なパチモンってことじゃ
    丸っきりおんなじじゃねぇか。なんだ、この気軽さは?
 森 :私らペアでは、誰も色気は期待しませんからねぇ。気楽といえば気楽です。
有沢:なぁんだとお? このお蘭が、襲ってくれってか?
 森 :(カブセで無慈悲にキッパリと)謹んでお断りです。
    そろそろ本題入らないと、退屈されますよ。

有沢:本題ったって、ネタらしいネタありゃしねぇぞ。
 森 :年が明けてから、ほぼ毎日、当ブログへアクセス頂いた検索ワードに温泉
    入ってまして。こりゃなんじゃ、と管理人は不思議がっています。
有沢:まさか、「温泉」単独で引いたって、ここは当たらねぇだろ。ってことは、
    「義兄弟&温泉」か「合田、加納、温泉」と三題噺で行くか、そんなとこか。
 森 :試しに、上記三題噺で検索かけてみたら本当にウチが当たって、
    管理人はひっくり返っておりました。
有沢:あいつらばっかり、公休と言えば高級温泉旅館へ繰り出しやがって、
    汚ねぇよな! いくら主人公だからって、待遇が違いすぎらぁ。
    タマには七係全員、社員旅行熱海くらい連れてったってバチは当たらねぇぞ。
 森 :居酒屋であれだけ騒ぐ方々と、本物の宴会場が付いた温泉旅館なんか
    行きたくありませんね。いくら架空の会社名義でも、お出入り禁止は公僕の恥です。
有沢:かってぇなぁ、きさま。パチモンのくせに……(呆れ)

 森 :さらに、この1週間連続で「森」「お蘭」「有沢」「又三郎」でお訪ね下さる方が。
有沢:まさか、別々の人間が入れ替わり立ち替わり…というのは、こんな零細ブログじゃ
    考え難いよな。ってことは……
 森 :同じ方が、ブックマークもせずに、わざわざその都度検索ワードを打ち込んで?
有沢:単に、愛しい俺さまの名前をキーで打ってみたいだけかもしれねぇがよ。
 森 :前々から思ってましたが、本当に有沢さんは幸せな方ですよね。
有沢:なんだとう?
 森 :ブックマークではアクセス解析に何の表示も表れませんから、これは検索ワードを
    何らかの形で示されたかったのかもしれない、という可能性が残ります。
有沢:何のために。
 森 :私らが出てくる話をもっと書けい、というリクエスト、かもしれませんね。
    あなたはともかく、私は人望がありますから。
有沢:きさま、金と色気と教養のあるマダム達への俺のアピール力を知らねぇな?
 森 :有沢さん、こちらの客層を全く理解してませんね。ここは、熱烈な合田さん中毒患者の
    集う病棟です。合田さん以外と絡む余地はありませんよ。
    私は……、それは…どんな形であれ、主任のお供が出来るなら本望ですが……//////
有沢:げっ……、マジかよ。俺のファンクラブじゃねぇの?
    俺は、誰と共演だろうが、主役以外やらねぇぞ!
 森 :何を、むなしいことを力一杯宣言しているんです、あなたは……。

有沢:ともあれ、徐々にアクセスが増えてるなぁ、管理人には大きな励みになってるってよ。
 森 :目に見える形での実証ですからね。嬉しいですよね。
有沢:なんで俺らが言わされるのかナゾだが、お礼を申し上げたい、そうだ。
 森 :義兄弟の方々が仰られたほうが、ゼッタイ客受けしますよね……。
有沢:ほんっと、ノミの心臓だよな、あいつ。
    捏造作文じゃ組んずほぐれつ、好き放題ヤリまくり…
 森 :(カブセで)ゴホンゴホン!! ではでは~、この辺で。
    捏造にしても、こんないい加減で不埒なヤラセはもうしません、お許し下さい!
    特に森さん、有沢さんFanの皆さま、ご容赦を!! ……だ、そうです。
有沢:でも、好評ならまたヤッちまうかもってよ~。ノミの心臓のくせに調子乗りだからな。
 森 :でなきゃ捏造なんて、ハナっからやってませんよ。はぁ。業が深いったら……。
有沢:業の深くねぇ人間なんているのかよ。
 森 :はいはい、飲むなら付き合ってあげますから。退場しましょう。
有沢:ちぇっ……。古女房みたいに、偉そうに先輩をあしらうなってんだ。
 森 :誤解を招く言質はやめてくださいね。では、失礼をいたします。

                                           ◆おしまい[あせあせ(飛び散る汗)]
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
yuki

こんばんは。はじめまして。
又三郎 お蘭 有沢 森 で検索してココにたどり着いたのは
この私です・・・・・(汗)

今からずぅ~っと前、マークスの山を読んで以来、森君に惚れました。

ここんとこ、ずぅ~っと森君の事を忘れていたのですが最近、暇だったので
マークスの山をなんとなく、読み返したところ、また、森熱が復活して
ついでに、ずっと読みたかった単行本化されていない幻の7係シリーズを
都立中央図書館まで行き、コピーを取って読み、より一層
『やっぱ、お蘭最高!』ってなった次第です。

合田も好きですが、ワタシ的にはお蘭が一番です。


最近は高村先生も、森君の事はすっかり抹殺してしまい
ネットでも検索してみるか、という事で色々検索してみたんですが
合田×森が全然なくって、なぜか又三郎×お蘭があり
『ふぅ~ん、そういうものなんだ~」なんて変に感心してたりします。
でも、ホントウは合田×森が大好きなんです。
このコンビが、超、愛おしいんです。
(又三郎×お蘭のコンビも嫌いじゃありませんが)

今日もなにげなく 又三郎 お蘭 有沢 森で軽い気持ちで検索して
ココに来てビックラこきました(汗)
『エッ!!あたしの事!!!もしかして、あたしの事!!!!!』(汗、汗、汗)

ココで森君の登場する記事を見るたんびに、『やったーーーー♪』って感激し
何度、うれし涙がちょちょぎれたことでしょう。

そのたんびに何度もコメントしようと思ったのですが、ずうずうしいかな~と思い、出来ませんでした。
でも今日、勇気を出してコメントします!

いつも楽しく見させてもらっています。ありがとうございます。
はじめましてなのに、こんなふざけたコメントで大変失礼致しました。
これからも、ちょくちょく来させて頂いてよろしいでしょうか?


  合田&お蘭のコンビ復活と7係復活を強く願っている高村信者より
    
    P.S。。。ちなみに加納さんも好きですよ。


by yuki (2012-01-22 22:14) 

げこ

yukiさま! 初めまして~~!!!

うひゃっほーーー♪\(^^@)/ コメントありがとうございますv
あ、あ、あなた様でしたか!

体調不良はウソでなくて(でも漢ドモには無関係の恒例のアレですから心配はご無用にて)、
今夜はもうフテ寝を決め込んでいたんですが、携帯でロムってましたところへ
あんまり楽しいコメントが舞い込んできたもので、布団蹴って飛び出して来てしまいました。

うぉーー、嬉しいです! ぜひぜひ、ちょくちょくどころかしばしばと、頻々と、
おいで下さいませ~(^人^) 図々しいなんてとんでもない、大歓迎でございますv

私も七係が超大好きで、中でも、当たり前ですが森さんマタさんが格別のご贔屓で、
(……この二人をくっつけようたァ、今のところあんまり思ってはおりせんが)
合田さんと人情豊かに絡んで下さると、もう大、大、大感激。
エロく絡んで下さる場合は……義兄と真剣勝負して頂くわけには行かないもので、
勢い限界はあるんですけど……他人様が書いて下さってるとホイホイ読みに行く(^m^;)

……この辺、秦野組長も、ウチでの扱いはおんなじようなスタンスですが。
自分でも捏造できるものなら書いちゃいたいのは山々なれど、なんせノミの心臓だもので。
(……あちこち心理的に話の辻褄を合わせる能がないだけだったりして……)

七係、やっぱりコピーgetされたんですね! おんなじだぁ~、嬉しい~♪
合田さん、義兄、喜代子さんの大学時代もまばゆ過ぎる青春時代ですけど、
花形捜査一課の七係、やっぱり刑事としてのみんなの青春時代、ですよねぇ。
あのままの日々にはもう帰れないけど、だからこそ眩し過ぎる青春だぁ~(T_T)
叶わぬ願いとは承知しつつ、もっともっと読みたい……鬼平犯科帳くらいあってもいいのに。
こち亀くらいあったって付き合うのに!!!(七係を過労死させる気か…)

加納さんもお好きで良かった(^_^) 
私はほんっと治しようのないコテコテの合田中毒患者で、ホントすみませんorz
でも、我が家での森くんの待遇も、できるだけ厚遇するよう善処しますv
またぜひ、お気軽においでくださいませ♪
by げこ (2012-01-22 22:52) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。